ホ ー ム 建物データ 地盤データ 地震記録 観測機器 参考文献 データ利用 TEDCOM成果
  はじめに  サイトマップ  更新履歴  建築学科HP 
地震動記録へジャンプ
神奈川大学TEDCOMプロジェクト(2000-2005)
  は じ め に
 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以降、高い耐震性能を満足させ、大地震後も引 き続き使用可能な建築物の構法として制振・免震デバイスを取り入れた構造形式が注 目されています。神奈川大学建築学科では、2000年4月より2005年3月まで 「文部科学省学術フロンティア推進拠点」 としてのプロジェクト「地震・台風災害の制御・低減を目的とした制振・免振デバイ スの開発ならびに損傷制御設計方に関する研究」と、「横浜市産学共同研究セン ター」を研究拠点とした産官学共同研究プロジェクト「建築物における地震・台風防 災に関する研究−制振・免振装置の評価・開発−」の2本の柱とした、地震や台風の 災害を制御・低減するプロジェクト(TEDCOMプロジェクト)を結成し、 研究開発を進めてきました。このなかで、 制振・免震デバイスや対地震・台風シミュレーション等の幅広い分野に関する知識の 結集をめざして以下の4つの研究テーマを構築し、相互に連携をとりつつ、 総合的成果として、損傷制御型設計法の提案を行いました。
  • 研究テーマ1:制振・免震デバイスの性能確認実験・開発
  • 研究テーマ2:実建築物の挙動観測
  • 研究テーマ3:地震・台風応答シミュレーション
  • 研究テーマ4:損傷制御型設計法
 神奈川大学強震観測Webは,上記研究テーマ2において神奈川大学横浜キャンパス内 で行っている、1号館と23号館の強震観測および、神奈川大学工学研究所共同研究 「平面形状の大きな免震建物の地震時の捩れ振動を伴う挙動に関する研究」における 強震観測結果を公開するものです。なお、同時に観測されている強風時のデータについては、 データ利用のページにある問い合わせ先に照会してください。

 謝 辞
 本Webは 名古屋大学大学院 都市環境学専攻 福和研究室で開設されている名古屋大学強震観測Webを参考とし 構築に当たり ソースの 提供を受けました。




News

2019.06.24
2018年のデータを載せました。なお、本体の計測装置は壊れていますので、免震層のデータのみです。
    update 2019.06.24